Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
New Entries
Categories
Recent comment
  • 絵に内包される展覧会@六本木一丁目
    たま (03/20)
  • 2012.10.13日立サンロッカーズ×アイシンシーホース(大田区総合体育館)
    たま (03/20)
  • 絵に内包される展覧会@六本木一丁目
    トモ (01/19)
  • 2012.10.13日立サンロッカーズ×アイシンシーホース(大田区総合体育館)
    s (10/16)
  • 名作映画の英会話のちょっといいとこメモ
    たま (10/06)
  • 名作映画の英会話のちょっといいとこメモ
    トモ (10/02)
  • 5メートルの壁絵を描き直す日。
    たま (06/03)
  • 5メートルの壁絵を描き直す日。
    clearether (05/31)
  • 012.03.10 日立サンロッカーズ×アイシンシーホース(墨田区総合体育館)
    たま (03/25)
  • 012.03.10 日立サンロッカーズ×アイシンシーホース(墨田区総合体育館)
    たま (03/25)
Recent trackback
Profile
Links
Archives
Sponsored Links
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
2012.02.12 Sunday
日本最高峰の書家を推した海上雅臣氏主催の美術誌に寄稿させていただきました。
「批評とは闇の海に咲く灯であると知る」
天作会対談 −書くことについて− 海上・山本両氏の問答を聴いて

6月の風
2月号の6月の風に寄稿させていただきました。
『批評』というものは人の批判ばかりしているようなネガティブなイメージがありました。ですが海上氏の定義する『批評』は科学のようです。事実を積み上げて分析する、その結果が批評であり、批評は「この絵は○○だから、いいんだよね」で終わるような評論家個人の自己満足とは一線を画すものだ。
適切な批評は、クリエイティブへの光となる。
闇の海をもがくような創作の中で、救いとも言える光のような批評
そのような批評ができる人は、実は少ない。

6月の風

ウナックサロンでは、今日から古山浩一 第3回獺祭展が開催中です。
2月12日(日)―2月26日(日)
10:00AM〜6:00PM 会期中無休
http://www.unac.co.jp/salon_currente.html
古山氏の作品はタイトル含めて面白い。
顔が笑顔に変わる画たちを、是非お楽しみください。


| Tama | info | 21:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.06.28 Wednesday
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:08 | - | - |
Comment









Trackback
URL : http://tama-medama.jugem.jp/trackback/928