Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
New Entries
Categories
Recent comment
  • 絵に内包される展覧会@六本木一丁目
    たま (03/20)
  • 2012.10.13日立サンロッカーズ×アイシンシーホース(大田区総合体育館)
    たま (03/20)
  • 絵に内包される展覧会@六本木一丁目
    トモ (01/19)
  • 2012.10.13日立サンロッカーズ×アイシンシーホース(大田区総合体育館)
    s (10/16)
  • 名作映画の英会話のちょっといいとこメモ
    たま (10/06)
  • 名作映画の英会話のちょっといいとこメモ
    トモ (10/02)
  • 5メートルの壁絵を描き直す日。
    たま (06/03)
  • 5メートルの壁絵を描き直す日。
    clearether (05/31)
  • 012.03.10 日立サンロッカーズ×アイシンシーホース(墨田区総合体育館)
    たま (03/25)
  • 012.03.10 日立サンロッカーズ×アイシンシーホース(墨田区総合体育館)
    たま (03/25)
Recent trackback
Profile
Links
Archives
Sponsored Links
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
2017.08.13 Sunday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
2017.06.06 Tuesday
Turku report/トゥルクの画材やさんってどんな感じ?

Moi!

いよいよフィンランド滞在もあとわずか。

たくさんの注文をありがとうございます^^

 

今日はご支援いただいた画材を買いに行ってきました!

トゥルクの町の画材やさんは、市内中心部より少し離れたエリアにあります。

 

ホームページはこちら

▼Art Supplies Finland - Artists' Materials World Wide.

http://www.artsuppliesfinland.com/

 

 

窓側の棚では作品販売もされていて、適宜入れ替わっています。

 

光が当たりすぎで作品は痛まないのだろうか、と少し気にかかりますね^^

 

中は専門店らしく紙の種類も豊富。

 

額のオーダーも受け付けているよう。

 

すごく大きな店舗ではないですが、絵を描くのに必要なものはだいたい揃っています^^

オーナーさんが英語が話せないので、身振り手振りでやりとりすることになるのも楽しい感じ^^

 

アクリル絵の具はアムステルダムがメイン。

私がもともと使っているのもこちらです^^

 

世界をつなぐSORAプロジェクトで株式会社ターレンスジャパン様より

ご提供いただいているのもアムステルダムです。

こちらでは販売されてませんでしたが、

ラメが入ってるものや、蛍光色のものなどもあり

プロジェクトのワークショップをやる時に子どもたちにはすごく人気です^^

 

絵の具もためらうことなくバンバン使われていく笑。

(ニューヨークでのワークショップの様子)

 

今回私が購入したのは120mlの絵の具4つと紙を2種、それにポストカードサイズの紙をスーパーで。

アクリル絵の具は日本と価格はほとんど差がないですね。

スーパーの紙は安いけど厚さがないので、画材やさんでは厚手の紙を購入しました^^

これを切りながら使っていきたいと思います^^

 

画材のオーダー、たくさんありがとうございました!

白と赤がかなり少なくなっていて、使用制限していたので、

たくさん購入できて助かりました^^

 

Oumaのフィンランドショップもあと1週間ほどで閉めますよ^^

http://mijinco.base.ec/

独立100周年のフィンランドからムーミンカードもお届け中です^^

作品も今なら可愛いムーミン切手で届いちゃう!(*´▽`*)

ひきつづき、オーダーお待ちしております!

 

| Tama | travel | 21:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.08.13 Sunday
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:16 | - | - |
Comment









Trackback
URL : http://tama-medama.jugem.jp/trackback/1067