Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
New Entries
Categories
Recent comment
  • 絵に内包される展覧会@六本木一丁目
    たま (03/20)
  • 2012.10.13日立サンロッカーズ×アイシンシーホース(大田区総合体育館)
    たま (03/20)
  • 絵に内包される展覧会@六本木一丁目
    トモ (01/19)
  • 2012.10.13日立サンロッカーズ×アイシンシーホース(大田区総合体育館)
    s (10/16)
  • 名作映画の英会話のちょっといいとこメモ
    たま (10/06)
  • 名作映画の英会話のちょっといいとこメモ
    トモ (10/02)
  • 5メートルの壁絵を描き直す日。
    たま (06/03)
  • 5メートルの壁絵を描き直す日。
    clearether (05/31)
  • 012.03.10 日立サンロッカーズ×アイシンシーホース(墨田区総合体育館)
    たま (03/25)
  • 012.03.10 日立サンロッカーズ×アイシンシーホース(墨田区総合体育館)
    たま (03/25)
Recent trackback
Profile
Links
Archives
Sponsored Links
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
2017.08.13 Sunday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
2012.04.21 Saturday
ふたたび6月の風に。
以前紹介させていただいた美術批評家、海上雅臣氏の発行する美術誌「6月の風」に再び寄稿させていただきました。

6月の風/美術誌

今回は、古山浩一氏の獺祭展から、時代の遥か先をいく「作品」と現代を結びつける接点である表題についてのコラムです。

6月の風/美術誌
最後には、古山浩一氏の「馬鹿につける薬」を受けて描いた
「馬鹿につける薬をつけられた馬鹿」

海上さんは面白いことが大好きなので、大喜びで誌の最後に絵を入れてくれました。
それから、しょっちゅう連絡がきて「あれは何度見ても飽きない、飽きない」と言ってくれます。

古山浩一さんと直接会ってお話できたことは、自分の作品にとっても、力になりました。
(万年筆画家でもある氏からは、ご自身がお使いになっている万年筆もいただきました。
 しかも、黄色!)

次回もまた載せてもらえるように、制作あるのみです!


| Tama | works | 18:10 | comments(0) | trackbacks(0) |