Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
New Entries
Categories
Recent comment
  • 絵に内包される展覧会@六本木一丁目
    たま (03/20)
  • 2012.10.13日立サンロッカーズ×アイシンシーホース(大田区総合体育館)
    たま (03/20)
  • 絵に内包される展覧会@六本木一丁目
    トモ (01/19)
  • 2012.10.13日立サンロッカーズ×アイシンシーホース(大田区総合体育館)
    s (10/16)
  • 名作映画の英会話のちょっといいとこメモ
    たま (10/06)
  • 名作映画の英会話のちょっといいとこメモ
    トモ (10/02)
  • 5メートルの壁絵を描き直す日。
    たま (06/03)
  • 5メートルの壁絵を描き直す日。
    clearether (05/31)
  • 012.03.10 日立サンロッカーズ×アイシンシーホース(墨田区総合体育館)
    たま (03/25)
  • 012.03.10 日立サンロッカーズ×アイシンシーホース(墨田区総合体育館)
    たま (03/25)
Recent trackback
Profile
Links
Archives
Sponsored Links
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
2017.08.13 Sunday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
2011.02.25 Friday
バースデーケーキで学ぶLUMIX GF1:シーンモード編(パーティーモード)
レンズ LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH

cake
パーティーモード
露出:+1 1/3
WB:AWB
ISO:320

cake
Pモード STANDARD
露出:+1 1/3
WB:室内
ISO:250

パーティーモードは予想より明るくなるよう。
露出補正をかけてしまいましたが、実際の色にかなり近く撮れるみたいですね。
(赤っぽく撮りたい時は向いてない)
モードによっては露出補正がリセットされますが、パーティーモードの時は設定のままのよう。
WBは強制的にオートになります。

| Tama | LUMIX GF1 | 08:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
2011.02.24 Thursday
バースデーケーキで学ぶLUMIX GF1:シーンモード編(料理モード、コレクションモード)
レンズ LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH

cake
料理モード
露出:±0
WB:AWB
ISO:125

cake
Pモード STANDARD
露出:+1 1/3
WB:室内
ISO:250

中華丼
料理モード

中華丼
マイカラーモード:ポップ

料理モード、リアルの色に近いんだろうけど、そのまま撮ると暗いですね。
料理なのにおいしそうに見えないw
ポップをかけると極端に赤みが出るので、ちょっと人工的な感じがしますが。
料理モードの時はWBと露出補正がリセットされます。

wine
コレクションモード
露出:+1 1/3
WB:AWB
ISO:400

WBは強制オート。露出補正はリセットされないようです。
何と比較したらいいか分からなかったので、コレクションモードはまた試してみます。

続きを読む >>
| Tama | LUMIX GF1 | 07:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
2011.02.15 Tuesday
写真:雫の落ち方
table
雪が降りました。
この、キィンとした沁みる様な冷たさを撮りたい。
そんな時はLUMIX GF1のピュアモード。

雪

雪
レトロモードで撮ると、どこか暖かげ。

雫
雫が。

雫
雫ってこんな風に垂れ落ちるんだね。


| Tama | LUMIX GF1 | 10:26 | comments(2) | trackbacks(0) |
2011.01.24 Monday
西村文男選手で学ぶLUMIX GF1:連写機能編
レンズ LUMIX G VARIO
45-200mm/F4.0-F5.6/MEGA O.I.S.
H-FS045200

シャッター優先モード(Sモード)
F4.1
ISO800
シャッター速度 1/160
露出 +2/3
JPEGで連写速度はHで撮影

LUMIX GF1には上部のモードダイヤルの先っちょにに単写、連写、オートブラケット、セルフイマーの機能を切り替えるボタンがあり、簡単に機能を切り替えることができます。
※ただ、回りやすいボタンなので、連写モードにしていても気づくと単写のところにボタンが戻っていることがあります。使う前に確認を。

連写速度はシャッタースピードが1/60より速く、フラッシュなしの場合に、H(高速)で3コマ/秒。L(低速)で2コマ/秒。
枚数はメモリーの容量がなくなるまで無限に連写できますが、途中から連写速度が遅くなります。といっても、具体的にどのくらいのペースで撮れるのかが分からない。
そこで、日立サンロッカーズ西村文男選手がシュートに至るまでの過程を連写し、感覚をつかむ練習をしてみました。

写真はふみを氏の動きが分かるように、縦方向のトリミングをかけました。
(元画像は横長)
fumio_nishimura
あ、かっしーの手が。。

fumio_nishimura

fumio_nishimura

fumio_nishimura

fumio_nishimura

fumio_nishimura

fumio_nishimura

プロのスポーツカメラマンの方に伺ったところ、連写機能は使わずに「狙って撮る」のだそうです。連写をしてしまうと、どうしても撮れた写真の間にいいシーンが入り、肝心のシーンが抜けてしまうとのこと。

それ以外にも、今回の連写写真を見てもらうと分かるように、
.團鵐箸あってない
⊆蠅切れてしまう

など、フレーミングの点でも微妙なものとなりました。
またGF1の場合は、もともとの連写速度的にスポーツを撮るには遅すぎるかと思われます。

ただ、私のGF1には外付けのファインダーがないため、ファインダー撮影ならもう少し安定して撮れるかもしれないですね。あるいは鉄道写真などの定点撮影が可能なものを連写した場合には、また違う結果になるかもしれません。
そんなわけで、機会があればまた連写機能を試してみたいと思います。

【結論】
・スポーツの写真は(下手でも)狙って撮るべし!
| Tama | LUMIX GF1 | 23:34 | comments(4) | trackbacks(0) |
2011.01.23 Sunday
プロカメラマンから教わった写真の撮り方まとめ:友達の結婚式を撮ろう。
友達の結婚式で写真撮影を頼まれた。
大切な友達に、自分のできる限りの気持ちを込めた写真をプレゼントしたい。
でも、素人なんです。どうしたらいいかわかんない。
そこで、プロの方にお話を伺ってきました。

wedding
会場に向かう前に
・依頼した本人が、どのような写真を撮って欲しいのか確認しておく。
 たとえば、本人のみをメインにして欲しいのか、友達も親戚もみんな含めて平等に撮ってほしいのか。
・事前にインターネットなどで結婚式の写真を見ておき、どんな写真が撮りたいかイメージしておくと、当日写真を撮る時にあまり迷わなくて済む。
・PRESSカードを作っておく。
 「自分が写真係です!」とアピールできるものを持っておけば、周りの人が自然にどいてくれ、ポジションを取りやすくなる。
※会場では一眼を持ってた一般のゲストが私だけだったので、望遠構えている段階でびびって(?)どいてくれました、笑。おかげでカードは使わず。

wedding
では写真を撮りましょう。
・撮ったものを反省する暇はない。とにかくたくさん撮る。
・人物写真は人の目線を意識する。
・モノの写真は自分の目線を考える。自分が「何をどう見せたいのか」
・会場が暗いので、F値はなるべく明るいレンズを使う。
・Sモードで撮る。
・シャッタースピードは1/100〜1/125くらい。
・アップで撮ると写真にインパクトが出る。
・自分が思っているより一歩前に出て撮る。

※私の持ってるカメラがLUMIX GF1なので、そのカメラで撮ることを前提で話を伺っています。レンズはパンケーキと45-200mm/F4.0-F5.6/MEGA O.I.S.のみ。

cafe
ちょっとした裏技。
・内臓フラッシュをまともにたくと、まっしろのぺらっとした写真になってしまう。
 そういう時は、フラッシュから1センチくらい離すあたりでビニール袋をかぶせてみる。
 光が強くなりすぎず、光を分散させてやわらかく撮ることができる。
 ビニール袋の色を変えれば、ちょっと違った効果を得られるかも?

wedding

撮影時間:約4時間
撮影枚数:約2000枚 JPEG
で、バッテリーは全然元気でした。
予備を持ってないので、充電器を持って行ったのですが、飛行機の中で見返してブレブレなのを消す余裕もあり。
SDカードは16Gを持って行き、そちらも余裕がありました。
改めてLUMIX GF1の使いやすさを実感です。
あとはレンズがほどよいズームのものがあれば、といったところでしょうか。
今はパンケーキと望遠(45-200mm/F4.0-F5.6/MEGA O.I.S.)だけなので、レンズを変えられない状況だと結構苦しいです。
高倍率ズームレンズとかあると一本で済むんだろうね。いや、買わないけど。
それと、今回気づいたのが、私は真正面から長方形の構図に切り撮る写真が好きではないということ。いわゆる記念撮影のスナップ写真のような。
下から見上げる格好にしたり、ちょっと横からだったり、料理も斜めらすのが好きみたい。

cafe

ちなみに、このカメラマンさんは、スピード感のあるシャープな写真が好きということで(もともとはスポーツカメラマンさんです)、止まっている写真にもコントラストやシャープネスを意識して、スピード感があるように撮るように心がけているそうです。
スポーツ写真を撮る時に心がける点
・次にその選手がどのような動きをするのか想像がつくように撮る。
・カメラで選手を止めずに、選手と一緒に動くつもりで撮る。
・選手の次の動きを期待して撮る。

バスケ写真の上手な友達は、バスケは縦の方が撮りやすいと言ってました。
今後、ふみをを撮る際に参考にしたいと思います。
真似で構わない。
・好きな写真をたくさん見て、その通りに撮れるように練習してみる。
 同じように撮ろうとしても、カメラや被写体や状況、何より撮影者の違いによって、個性は自然に出るものだ。
 自分が目が向く写真を覚えておいて、それに近い写真が撮れるように、まずは練習してみたいと思います。
最後に。
一番大事なのは「被写体への愛情」
大好きな人やものを撮るからこそ、その人の「瞬間」を見逃さずに撮れる。
まずは「愛情」から!ですね☆

wedding

アイシンファンの友達が撮る日立の写真の方が、オレの撮る日立の写真よりかっけー!って思ってしまうのは…。
愛情が足りないから!?

余談はたたみます。

続きを読む >>
| Tama | LUMIX GF1 | 23:35 | comments(6) | trackbacks(0) |
2010.12.13 Monday
六本木ヒルズ展望台で学ぶLUMIX GF1 シャッター速度編
レンズ LUMIX G VARIO
45-200mm/F4.0-F5.6/MEGA O.I.S.
H-FS045200

シャッター優先モード(Sモード)
露出補正なし
WB 曇りモード
ISO、F値→再び固定し忘れ。

夜景写真
シャッタースピード4000 F5.6 ISO400

夜景写真
シャッタースピード2000 F5.6 ISO400

夜景写真
シャッタースピード1000 F5.6 ISO400

夜景写真
シャッタースピード500 F5.6 ISO400

夜景写真
シャッタースピード250 F5.6 ISO400

夜景写真
シャッタースピード125 F5.6 ISO400

夜景写真
シャッタースピード60 F5.6 ISO400

夜景写真
シャッタースピード30 F5.6 ISO400

夜景写真
シャッタースピード15 F5.6 ISO400

夜景写真
シャッタースピード8 F5.6 ISO400

夜景写真
シャッタースピード4 F5.6 ISO400

夜景写真
シャッタースピード2 F5.6 ISO400

夜景写真
シャッタースピード1" F5.6 ISO400

夜景写真
シャッタースピード2" F5.6 ISO200

夜景写真
シャッタースピード4" F5.6 ISO100

夜景写真
シャッタースピード8" F7.1 ISO100

夜景写真
シャッタースピード15" F10 ISO100

夜景写真
シャッタースピード30" F14 ISO100

夜景写真
シャッタースピード60" F20 ISO100
ちょっと触っちゃってぼけちゃってましたね(汗汗。

Lightboxですが、重ねて連続で見るにはコチラ↓
http://tamamedama.web.fc2.com/pictb/photo_ss1.html
ページ変わるごとに1回白くなるので、あんまり重なり具合が分からないか。
Flashで作ればよかったかな。

街が動いてるんだってなんとなく感じた一瞬でした。

| Tama | LUMIX GF1 | 08:49 | comments(2) | trackbacks(0) |
2010.11.13 Saturday
献血くんで学ぶLUMIX GF1 ISO感度編

ISO感度

数値を上げる=高感度。
簡単に言うと、暗いところでも明るく撮れるけど、画像が荒くなるというもの。

レンズは全てパンケーキレンズ。
LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH
撮影場所は栃木県立県南体育館内

シャッター優先モード(Sモード)160
露出補正 +1/3(比較する時にこういうの補正しちゃダメでした)
WB 曇りモード
F値固定し忘れ。

献血くん
ISO 100
F値 5.4

献血くん
ISO 200
F値 5.4

献血くん
ISO 400
F値 5.4

献血くん
ISO 800
F値 5.4

献血くん
ISO 1600
F値 6.3

献血くん
ISO 3200
F値 9.0

ISO感度は、固定にすることもできれば、数値○以下で状況によって変える、という上限設定をつけることができます。
上限設定は「off、200、400、800、1600」のどれか。
3200が最大なので、offということは最大値までの使用ということですね。

それ以外に頑張り屋さんのGF1には「インテリジェントISO感度」という、被写体の動きと明るさに応じてISO感度を自動で調整してくれるという素敵な機能も付いています。

ところでISOは上げれば上げるほど明るく撮れるので、スポーツなど動きの速いものを撮る時には高めにする必要があると思われます。
ただし、画像が荒くなってしまうのでそこらへんは自分の気持ちと応相談。

ちなみにあくまで個人的にですが、GF1の場合、明るいところでもISOが800以上になってくると、画質の粗さが気になってしまいます。
(晴天下なら、1000まで頑張れるかなぁ。でも1000は固定できませんから)
暗めの体育館では400でも「ううう」と思う。
日立のホームの代々木第二は幸いなことにかなり明るい体育館なので、800でも綺麗に感じます。

今のところ、バスケを撮る時はISOを1600上限設定にして撮ってます。

画質の粗さを我慢するか、ボケちゃうのを我慢するか、二者択一なのは仕方ないっす。

ところで献血くんについてはたたみます。

続きを読む >>
| Tama | LUMIX GF1 | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
2010.11.13 Saturday
献血くんで学ぶLUMIX GF1 ホワイトバランス編

ホワイトバランス(WB)

太陽の下や白熱灯の下など、その時の光源によって白い色が赤っぽくなったり青っぽくなったりする。それを見た目に近い白に調整する機能のこと。

レンズは全てパンケーキレンズ。
LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH
撮影場所は栃木県立県南体育館内

シャッター優先モード(Sモード)160
露出補正 +1/3(比較する時にこういうの補正しちゃダメでした)
ISO固定し忘れ。
F値固定し忘れ。

献血くん
WB:晴天モード
ISO 1000
F 5.3

献血くん
WB:曇りモード
ISO 800
F 5.3

献血くん
WB:屋外の晴天下の日陰モード
ISO 1000
F 5.3

献血くん
WB:白熱灯モード
ISO 1000
F 5.4

献血くん
WB:フラッシュ光のみでの撮影時
ISO 800
F 5.4
そもそもフラッシュ使ってないので、わかんないね。

上記以外にもちろんオートで勝手に合わせてくれるモードもあります。

あとカスタム設定を2つ登録できます。
それと色温度設定を1つ登録できるよう。
そこらへんは今後の課題に。
ISOやF値を完全固定するのはマニュアル設定にするのかなぁ。
それもまた次の課題(^^

まとめるとこんな感じでしょうか。

赤っぽく ←   自然 → 青っぽく
屋外の日陰 曇り 晴天 白熱灯

| Tama | LUMIX GF1 | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
2010.10.27 Wednesday
LUMIX GF1で学ぶアスペクト比
アスペクト比とは簡単に言うと、画像の横縦比のこと。

4:3

噴水

Purkinje細胞

・自然の風景を切り取った場合、画面が特に単調になりがち。
(女子カメラ 2010.9より)

*主流規格**
主なパソコンのモニター:VGA、SVGA、XGA、UXGA、SXGA+
BS放送
コンデジの一般的な画面アスペクト比

3:2

Purkinje細胞

Purkinje細胞
2:3にしてみる。

*主流規格**
35ミリフィルムカメラ

16:9

東京タワー

・壮大なイメージになる。
・縦に9:16で切り取っても楽しい構図となる。
(女子カメラ 2010.9より)

*主流規格**
ハイビジョン放送
パノラマ写真

1:1

Purkinje細胞

・アスペクト比が長辺が短辺に比してより長いものほど写真に緊張感が生まれるとされる(Wikipediaより)

・見せたい部分に視線を集中させられる。
・構図がまとまりやすい。
・見慣れた4:3構図と違って斬新かつおしゃれ!
(LUMIX GF1で写真を楽しむ本より)

Purkinje細胞
ワーイ。

| Tama | LUMIX GF1 | 15:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
2010.10.04 Monday
プルキンエ細胞で学ぶLUMIX GF1 〜フィルムモード編〜
レンズは全てパンケーキレンズ。
LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH
ホワイトバランスはオート、Pモードで撮影。

プルキンエ細胞
フィルムモード「スタンダード」

プルキンエ細胞
フィルムモード「ダイナミック」

プルキンエ細胞
フィルムモード「ネイチャー」

プルキンエ細胞
フィルムモード「スムーズ」

プルキンエ細胞
フィルムモード「ノスタルジック」

プルキンエ細胞
フィルムモード「バイブラント」

プルキンエ細胞
フィルムモード「スタンダードB&W」

プルキンエ細胞
フィルムモード「ダイナミックB&W」

プルキンエ細胞
フィルムモード「スムーズB&W」

フィルムモードはプルキンエ細胞では学べない、ということがよく分かりました☆
・・・差が分かんないw

| Tama | LUMIX GF1 | 10:14 | comments(0) | trackbacks(0) |